洗濯機クリーニング

洗濯機クリーニングで洗濯物をきれいに

洗濯機と言えば着ていた衣類を洗うための電化製品ですが、使い始めて何年になるでしょう。故障とかそういう話ではなく、今回は洗濯機の清潔度についてです。毎日のように使う洗濯機、となれば積もり積もった汚れも相当なものと考えられるのですが、洗濯機のクリーニング(洗濯層の裏側まで分解して掃除)を実施した事ありますか。意外にも、一度もしたことないと答える方は多いのではないでしょうか。

 

そもそも、洗濯機をどうクリーニングすれば良いのか分かり難いです。それ以前に、毎日の洗濯の際に洗剤を使っているので自然とクリーニングされていると思っている方も多いのではないでしょうか。というのは実に甘い考えで、使っていない時に洗濯機の臭いを嗅いでみればすぐに分かります。

 

表面や洗濯層の見える部分はピカピカできれいに見えても、ハウスクリーニングなどで実際に洗濯機を分解して掃除すると、びっくりするほど洗濯層の裏側がカビで真っ黒ということに驚きます。こんなもので洗濯をしていたのか・・・と驚いてしまいます。洗濯層クリーナーなどで普段洗濯機の洗浄をしていてもです。

 

となると今すぐにでもクリーニングしたいところですが、もちろん普通にやって洗濯機など洗えません。勿体ぶった割に、洗濯機用のクリーナーは市販されているのでこれを用いるのが良いでしょう。

 

洗濯機のクリーニングは、だいたい月に一度のペースで行いたいです。確かに洗濯自体に洗剤を使っているので表面的には綺麗でも、見えない洗濯槽の裏側は黒カビだらけというのが洗濯機の常識です。

 

とは言え、いくら洗濯機をクリーニングしたいと言っても自宅で分解して掃除なんて真似はとても出来ません。年に一度くらいなら、業者に頼むなりして良いかもしれませんが月に一度は洗濯機用のクリーナーで対応したいです。

洗濯機がカビにくい環境づくりを

洗濯機にカビは、その構造上どうしても発生してしまうものなのでカビにくい環境づくりが求められます。

 

  • 使った後にすぐ蓋をしない
  • 洗濯物を入れて放置しない

 

などの配慮をしてみましょう。

 

洗剤の量も、多すぎると洗濯機の裏で溶け残ってしまいカビの原因となってしまうので注意が必要です。ブログやサイトを利用すれば、洗濯機のクリーニング方法について詳しくチェックする事ができます。

 

洗濯機を持っていないという家庭は、今ではかなり希少と言えるでしょう。それが悪いという訳ではありませんが、かつて家電における三種の神器の一つに数えられた洗濯機の需要は今でも健在です。少し前までは綺麗に洗い上げる事に注目されていた洗濯機は、今では専ら節電節水効果に注目を集めているでしょう。もはや綺麗に洗い上げる機能は大前提のものとして、如何に他の洗濯機と差別して主張していくかに力が注がれています。

 

家庭用ならドラム式が圧倒的な需要で、最近の洗濯機は垂直式ドラムの他に洗濯物の出し入れが用意になっている斜め式ドラムというものもあります。多くの家庭で毎日使う家電の一つだけに、洗濯機はあまり妥協せず慎重に選びたいところです。